日本カウンセリング学会第51回大会

研究発表申込・演題投稿
自主企画シンポジウム申込

発表に関する規定

本会に未入会で、単独発表者あるいは責任発表者として研究発表を希望される方、自主シンポジウムの企画者および司会者の方は本会への入会が必要です。4月30日(月)までに入会の申込みをしてください。
(添付)大会研究発表に関する規定

ポスター・事例研究発表

  1. 発表資格:筆頭発表者は、以下の4点を満たしている必要があります。
    • 1)大会申込の時点および大会当日、日本カウンセリング学会の正会員であること。
    • 2)学会年会費を入金済みであること。
    • 3)筆頭発表者は大会参加費及び論文掲載費を、連名発表者は大会参加費を、事前登録の期日までに入金済みであること。連名発表者も大会に出席して発表・討議に参加してください。
      機関会員・賛助会員・非会員は筆頭発表者にはなれませんが、参加登録を行なうことにより連名発表者になることができます(ただし、非会員は事例発表の連名発表者になることはできません)。筆頭発表者が発表申込を行なうまでに、必ず事前参加登録をお願いします。
    • 4)未発表論文・事例であること。
  2. 発表形式:以下の2形式による発表が可能です。
    • 1)「ポスター発表」発表時間120分(責任在席時間60分)
      ①論文集への論文掲載 ②筆頭発表者による発表 の2条件を満たすことにより、公式発表と認められます。
      ポスターの掲示は9/16、9/17のいずれか1日となります。
    • 2)「事例発表」口頭発表時間30分、質疑応答20分
      ①論文集への論文掲載 ②筆頭発表者による発表 の2条件を満たすことにより、公式発表と認められます。発表する事例は、原則としてクライエントの承諾を得たものとします。ただし、やむを得ず連絡が取れない場合は、発表要旨の作成及び発表に際し、クライエントのプライバシーの保護に細心の注意を払ってください。「事例発表」は、会員のみの参加とします。
  3. 筆頭の研究発表は、1人1題に限ります。ただし、連名発表者についてはこの限りではありません。
  4. 連名発表者は1演題につき、最大7名までとします。

自主企画シンポジウム

会員の企画・運営による自主企画シンポジウムを募集します。皆様の積極的な自主企画で、大会を盛り上げていただきたいと思います。開催を希望される方は、企画責任者が次の要領で手続きを行なってください。

  1. 発表資格
    • 1)企画者および司会者は大会申込の時点および大会当日、本学会会員であること。話題提供者および指定討論者については半数を限度に、非会員でも参加できます。(自主企画シンポジウムのみ参加の場合、非会員の参加費は免除いたします。)
    • 2)学会年会費を入金済みであること。
    • 3)企画者は大会参加費および論文掲載費・企画費を、事前登録の期日までに入金済みであること。企画者が複数いる場合は、代表の1名が論文掲載費と企画費をお納めください。
  2. 発表時間:120分

論文投稿要綱

論文原稿受付締切

2018年6月13日(水) 6月27日(水)正午まで
7月4日(水)正午まで ※延長しました こちらは最終の期限となります

申込み手続き

大会ウェブサイトからインターネットにて論文投稿を受付いたします。簡単に投稿ができますので、下記のボタンより是非ご利用ください。

  1. 先に参加申込みを行なった後、大会ウェブサイトの「研究発表申込・演題投稿」「自主シンポジウム申込」より登録システムにお進みください。自主企画シンポジウムは企画費を納めた代表者が投稿してください。申込時に発行された[受付番号](eから始まる番号)をご用意ください。
  2. 登録システムで必要事項をご入力の上、お申込みを進めてください。投稿に際して、筆頭発表者と連名発表者の会員番号が必要です。会員番号が入力されないと登録が完了できません。会員番号が不明な場合は、必ずご本人にご確認ください。
  3. 原稿作成要綱に基づき作成いただいた論文原稿をアップロードして投稿を行なってください。

※企画者および関与者は諸費用を必ず入金してください。企画者が関与者に代わって参加費を入金する場合には、振込み名義等を事務局までご通知ください。

発表論文原稿 作成要綱

投稿用テンプレートをご用意しています。下記よりダウンロードして作成してください。

ポスター・事例研究発表

テンプレート(ポスター・事例研究発表)
  • 原稿はA4サイズ1頁です。(印刷時にB5版に縮小いたしますのでご留意ください)
  • 「題目(主題)」「題目(副題)」「氏名」「所属」「キーワード」はゴシック体とし、センタリングしてください。
  • 「題目(主題)」は1行目に、「題目(副題)」は2行目に14ポイントで書いてください。副題がない場合は2行目を空けてください。
  • 「氏名」は3行目に記入し、連名の場合には筆頭発表者の氏名の前に○印をつけてください。
  • 「所属」は4行目に、氏名の下に小カッコでくくって書いてください。連名の場合、発表者の所属が同一であれば、一つだけ記入してください。所属が大学の場合には学部名や研究所名まで記入し、大学院生は研究科名を記入してください。連名者が多数の場合は、一般に通用する略称を用いても差し支えありません。
  • 「キーワード」は「キーワード:」という見出しをつけ、3語以上をカンマで区切って文末に記入してください。
  • 「本文」は明朝体、サイズは10ポイントで書いてください。文字は右記のレイアウトに示す枠内に入れ、本文の字数はPC機種、使用ソフト等によって設定に若干のズレが生じることがありますので、「24字×45行×2段」を目安に作成ください。
  • 図・表・写真は合計面積が全体の1/3を超えないようにしてください。

自主企画シンポジウム

テンプレート(自主企画シンポジウム)
  • 原稿はA4サイズ1頁です。(印刷時にB5版に縮小いたしますのでご留意ください)
  • 「題目」「氏名」「所属」「キーワード」はゴシック体とし、センタリングしてください。
  • 原則として「題目」は14ポイント、本文は10ポイントで書いてください。文字は右記のレイアウトに示す枠内に入れ、2段組としてください。
  • 「キーワード」は「キーワード:」という見出しをつけ、3語以上をカンマで区切って文末に記入してください。

インターネット上の投稿画面にて入力いただいた内容が、プログラムに掲載されます。連名発表者や所属名の省略はお控えいただき、投稿いただく論文原稿と相違がないように入力してください。万一相違があった場合でも、大会側での訂正は行いません。

その他、留意事項

  1. 使用機材について
    パソコンを使用される場合は、持込みをお願いいたします(プロジェクター・スクリーンは用意します)。プロジェクターとの接続はミニD-sub 15ピン(通常のモニター端子)となります。PC本体の外部モニター出力端子の形状をご確認いただき、ミニD-sub 15ピン端子が付いていないノートパソコン(Macや薄型ノートパソコン)につきましては、必ずミニD-sub 15ピンに変換できるアダプターをご用意ください。近年はHDMI接続端子のみを搭載したPCが増えてきておりますので、ご注意ください。(HDMIには対応しておりません)
  2. 当日配布資料について
    当日の配布資料につきましては、発表者が必要部数をご用意ください。会場内にコピー機の用意はございません。

発表の申込はこちらから

発表申込は締め切りました。

お問い合わせ

※発表申込・論文投稿業務につきましては、株式会社コームラへ委託しております。
株式会社コームラ「日本カウンセリング学会第51回大会」係  担当:後藤・関谷
〒501-2517 岐阜県岐阜市三輪ぷりんとぴあ3
E-mail:jacs51[at]kohmura.co.jp ※[at]を@に置き換えてください。
TEL:058-229-5858(平日9:00~17:30)

大会事務局
日本カウンセリング学会長野県支部内(飯田俊穂)
〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明9980-4
E-mail:cou_51kai[at]yahoo.co.jp ※[at]を@に置き換えてください。
FAX:0263-50-5862
Copyright © 日本カウンセリング学会第51回大会 All Rights Reserved.
ページの先頭へ戻る